コンテンツにスキップする

イラクが原油の追加減産を表明、目標順守へOPECの圧力強まる

石油輸出国機構(OPEC)加盟国で2位の産油国であるイラクは、一段の原油減産に向けてこれまでで最も強い決意を表明した。イラク石油相は6日、OPEC最大の産油国、サウジアラビアと電話会談を行った。

  イラクはこれまで長期間にわたり減産目標を達成しておらず、OPEC内から目標順守への圧力が高まっていた。ブルームバーグがまとめたタンカー追跡データによると、イラクの減産量は5、6月いずれも目標を下回り、7月は日量わずか1万1000万バレルの減産にとどまった。

  イラクとサウジは合同声明を発表、イラクのジャバール石油相が「埋め合わせとしての減産」を実行すると表明し、8、9月に日量40万バレルを追加減産すると約束した。これは既に減産目標として設定されている日量85万バレルに加えての追加減産となる。同石油相は6日遅く、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相と電話会談した。

原題:Iraq Commits to Deep Oil Cuts as OPEC+ Ramps Up Pressure (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE