コンテンツにスキップする

中国・香港株が急落-テンセント株、一時10%超える下げ

更新日時
  • トランプ米大統領の微信禁止令を嫌気、時価総額3.66兆円吹き飛ぶ
  • ハンセン指数は1.6%安、人民元も対ドルで下落
General Images of Tencent Holdings Ltd. Messaging Applications WeChat and QQ
Photographer: Justin Chin/Bloomberg
General Images of Tencent Holdings Ltd. Messaging Applications WeChat and QQ
Photographer: Justin Chin/Bloomberg

中国本土と香港の株式相場は7日、急落。通信アプリ「微信(ウィーチャット)」を運営するテンセント・ホールディングス(騰訊)の株価は香港市場で一時10.1%安となった。時価総額が346億ドル(約3兆6600億円)吹き飛んだ。

  トランプ米大統領は6日、微信および動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と米国居住者が取引することを禁止する大統領令に署名。ティックトックは株式非公開のバイトダンス(北京字節跳動科技)が運営している。 

Tencent shares pare loss after U.S. official clarifies ban

  6日終値時点のテンセントの時価総額は6860億ドルに上り、世界で8番目の規模だった。世界的な株価指数にも大きく組み入れられ、MSCIの新興国株価指数では6%余り、アジア太平洋指数では4%を占める。

  テンセントは下落率を5%に縮小して取引を終了。香港のハンセン指数は1.6%安で引けた。外国為替市場では、人民元がドルに対して約2週間ぶりの大幅安となった。

  中国本土の上海総合指数は1%下げた。

原題:Tencent Loses $35 Billion of Value as WeChat Ban Roils Markets(抜粋)

(株価などを更新して追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE