コンテンツにスキップする

香港、民主活動家ら24人起訴-天安門事件の追悼集会に参加で

  • 民主活動家の黄之鋒氏、民主派議員の朱凱廸氏らを起訴-有線電視
  • 香港政府は新型コロナを理由に今年の追悼集会の開催を禁止した

香港で今年6月に開かれた天安門事件の追悼集会に参加したとして、民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏ら24人が起訴された。国家安全維持法(国安法)が施行された香港では民主化運動の取り締まりが強化されている。

  黄氏のほか、民主派議員の朱凱廸(エディー・チュー)氏、元香港学生連盟幹部の岑敖暉(レスター・シュム)氏、中国本土の民主化支援などを掲げる香港市民支援愛国民主運動連合会(支連会)の幹部らも「許可されていない集会だと知りながら参加したとして」起訴された。香港のケーブルテレビ、有線電視が事情に詳しい複数の関係者を引用して報じた。有線電視によると、黄氏らは9月15日に出廷する予定。

  香港政府は新型コロナウイルスを理由に今年、天安門事件追悼集会の開催を禁止した。開催が許可されなかったのは初めてだった。

  黄氏は6日のツイートで、「昨日の午前に裁判所を去ってちょうど24時間後、私は政府によるさらなる起訴に直面している」とし、「香港政府があらゆる手段を使って活動家の一段の抑圧を計画しているのは明らかだ」と述べた。黄氏は5日、昨年に香港警察本部を包囲した抗議デモに関連して起訴された件で出廷していた。

原題:
Hong Kong Charges Joshua Wong, Activists Over Tiananmen Vigil(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE