コンテンツにスキップする

米最大の公的年金基金、中国系運用トップ辞任-会計検査官が違反指摘

  • メン氏は中国SAFEの副CIOを務めた後、カルパースに復帰
  • 州会計検査官は内部指針を再検討するための臨時役員会開催を求めた

米最大の公的年金基金であるカリフォルニア州公務員退職年金基金(カルパース)の最高投資責任者(CIO)を務めていた中国系米国人ベン・メン氏が、わずか2年足らずで突然辞任したと5日夜に発表された。

  メン氏は「健康と家族に集中するためだ」とインタビューで説明したが、カリフォルニア州会計検査官は6日の声明で、利益相反ルールに違反する詳細不明の判断ミスを指摘し、さらにカルパース内部のより広範な監督体制の問題を示唆した。

  ベティ・イー州会計検査官は、カルパースの指針を再検討するための臨時役員会開催を求めた。健全なコーポレートガバナンス(企業統治)を度々提唱してきたカルパースによる利益相反ルール不履行を示唆する兆候は、金融業界を騒然とさせた。

  精彩を欠く投資リターンと、取り沙汰される中国共産党とのつながりを巡る荒っぽい陰謀論によって傷ついた短いCIO在任期間を経て、メン氏が突然失脚したことも格好の話題だ。加えて、個人投資の情報開示に関する問題が最後のとどめとなったようだ。

  ヘンリー・ジョーンズ会長は、メン氏の情報開示を巡る問題をカルパースは承知しているとした上で、「プライベートな個人の問題であり、内部のコンプライアンス手続きに沿って既に対処されている」と説明した。

  中国生まれで米国の市民権を持つメン氏は、カルパース入りした後、2015年から中国国家外為管理局(SAFE)の副CIOを務め、その後カルパースに復帰していた。同氏が中国政府の手先であり、米国マネーを中国に流していると共和党のジム・バンクス下院議員が今年に入り批判していた。

Ben Meng

ベン・メン氏

ソース:カルパース

原題:Calpers’s Meng, Accused of Judgment Lapse, Stands by His ConductTrouble at Calpers: Abrupt Exit Hits $400 Billion Pension Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE