コンテンツにスキップする

サード・ポイント、アリババとJDドットコム株を新規取得-4~6月

アクティビスト(物言う投資家)のダン・ローブ氏率いるヘッジファンド運営会社サード・ポイントは、 4-6月(第2四半期)に中国のアリババ・グループ・ホールディングJDドットコム(京東)の株を新たに取得したことを明らかにした。

  香港問題や米中関係を巡る不安が広がっていることを好機と捉え、中国電子商取引銘柄へのエクスポージャーを拡大したと説明している。

  サード・ポイントは3月に米アマゾン・ドット・コム株を買い増し始めていた。ローブ氏は6日の投資家宛て書簡で「アリババおよび中国の電子商取引市場全体に対するわれわれの見通しは明るい」と述べた。

  ローブ氏はアリババ、JDドットコム両社が引き続き規模の大きさを活用し、ターゲット広告を通じて売上高を拡大すると予想。また、アリババが33%出資するアント・グループの新規株式公開(IPO)計画など、アリババの他の事業の可能性にも期待感を示した。

原題:Loeb’s Third Point Builds Positions in Alibaba, JD.com (Correct)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE