コンテンツにスキップする

メドウズ氏「今夜は必要なだけ続ける」-民主党との追加経済対策協議

メドウズ米大統領首席補佐官は6日、追加経済対策を巡る議会民主党との協議について、トランプ政権の当局者と議員が「今夜は必要なだけ長くここにとどまり、一定の進展があると期待している」と述べ、民主党側に譲歩を強く求めた。

  メドウズ氏は記者団に対し、「われわれがトップラインの数字で一致しなければ、それ以上話し合いを持つ動機はほとんどないと思う。すなわち、現時点で彼らは3兆4000億ドル(約358兆7000億円)という数字をなお主張している」と語った。

  ホワイトハウスが上院共和党からの最初の提示額として1兆ドルを上回る数字を示したことをメドウズ氏は示唆。トランプ大統領が大統領令に署名するとしても限界があるとしながらも、ホワイトハウスは「可能な限り積極果敢かつ断固たる姿勢で臨む」と強調した。

  

原題:Stimulus Talks to Go as Long as Needed Tonight, Meadows Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE