コンテンツにスキップする

TモバイルUS、契約者数で2位に浮上-9830万人でベライゾンに次ぐ

  • 合併したスプリントの顧客を取り込み、AT&Tを抜く
  • 4-6月利益は市場予想上回る-株価は時間外で一時8.2%上昇

TモバイルUSは米携帯電話業界でこれまで4位にとどまることが多かったが、このほど正式に2位に浮上した。

  4月にスプリントとの合併を完了し同社の顧客を取り込んだTモバイルは4-6月(第2四半期)に契約者数がAT&Tを上回り、米国の携帯電話事業者として2位になったことが、6日の発表で明らかになった。

  通常の月間契約に加え、プリペイド方式の契約を合わせた契約者数は4-6月に計9830万人に達した。一方、AT&Tのモバイル契約者数は約9300万人、ベライゾン・コミュニケーションズは1億1900万人。

  Tモバイルは今年170万ー190万人の新規月間契約者数を見込んでいる。これは前年の400万人余りよりは少ないが、同社は控えめな見通しを示してから徐々に引き上げることが多い。

  同社の4-6月期決算も、スプリントがTモバイルの業績の重しになるとの投資家の懸念を和らげる内容となった。利益はアナリスト予想を上回り、株価は6日の時間外取引で一時8.2%上昇した。  

原題:T-Mobile Claims No. 2 Mobile Spot, With 98 Million Customers (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE