コンテンツにスキップする

トランプ米政権、カナダ産アルミに追加関税-適用除外を取りやめ

更新日時
  • 適用除外だったカナダ産非合金・未加工アルミに10%追加関税を課す
  • 「カナダのアルミ生産業者は約束を破った」とトランプ大統領

トランプ米大統領は6日、カナダが「わが国の雇用と素晴らしいアルミニウム業界の労働者にとって非常に不公平な」対応を取っていると述べ、これまで適用除外としていた同国産アルミに追加関税を課す方針を明らかにした。

  トランプ大統領は訪問先のオハイオ州のワールプールの工場で、カナダのアルミ業界が「わが国に大量の輸出を行わず、わが国の全てのアルミ関連の雇用に打撃を与えない」というカナダ政府の約束と引き換えにトランプ政権が追加関税の適用除外に同意したと主張した。

  トランプ氏はその上で、「カナダのアルミ生産業者はその約束を破った。そして米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は、わが国のアルミ業界を守るには追加関税の再適用という今回の措置が絶対不可欠だと私に助言した」と語った。今月16日から実施する。

  ホワイトハウスは声明で、「カナダ産非合金・未加工アルミに対し、多くの国からの輸入するそれらの品目と同等の水準(10%)」の追加関税を課すと発表した。

原題:Trump Says He’s Reimposing Aluminum Tarrifs on Canada、Trump Reimposes 10% Tariff on Some Canadian Aluminum Imports (1)(抜粋)

(追加関税対象のアルミ品目を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE