コンテンツにスキップする
Subscriber Only

トルコ中銀、流動性措置を段階的に縮小すると発表-リラ下落で

  • トルコ・リラは対ドルで一時3.4%安、最安値更新
  • トルコ国営銀行、特定水準でのリラ買い支えから撤退-関係者

トルコ中央銀行は6日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下で経済を支えるためにとった流動性措置を、徐々に巻き戻していくと発表した。同日の外国為替市場では、トルコ・リラが対ドルで過去最安値を付けた。

  トルコ中銀は「市場の価格動向を注意深く監視している」とし、「8月初めの時点で経済活動は正常化しつつあるため、対象を絞った追加的な流動性ファシリティーは段階的に縮小する」と説明した。

  リラはこの日、対ドルで一時3.4%下落し、5月に記録した従来の最安値を割り込んだ。事情に詳しい関係者によると、トルコの国営銀行は特定の対ドル水準でリラを買い支えようとすることをやめた。

  中銀はまた「価格の安定と金融安定の目的に沿って、市場の過剰な変動性を抑えるためにあらゆる利用可能な手段を活用する」と表明した。

Turkish currency's declines accelerate despite interventions
関連記事
トルコ・リラ、対ドルで過去最安値に下落-国営銀行の介入も奏功せず
トルコ当局、世界的な投資銀行にリラ取引制限を一部免除へ-関係者

原題:Turkish Central Bank to Taper Liquidity Steps After Lira’s SlideTurkey Redraws Currency Defenses With Lira Hitting a Record Low(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE