コンテンツにスキップする

インド中銀、政策金利据え置き-インフレ沈静待つ構え

インド準備銀行(中央銀行)は6日、政策金利を据え置いた。景気てこ入れのための追加措置の前にインフレ沈静化を待つ考えだ。

  金融政策委員会(MPC)は政策金利のレポ金利を過去最低の4%で据え置くことを全会一致で決めた。ダス総裁が6日発表した。ブルームバーグが調査したエコノミスト44人の半数は0.25ポイントの利下げを予想。0.5ポイント下げを見込むエコノミストも1人いた。残りは据え置きを予想していた。

India's central bank holds benchmark rates

  今年既に1.15ポイントの利下げを実施しているMPCは、「緩和的」なスタンスを維持し、まだ追加利下げの余地があることを示唆している。ダス総裁は「MPCは成長回復のために必要な限り、金融政策の緩和的スタンスを維持する」との方針を表明した。

原題:
India’s Central Bank Keeps Rate Unchanged on Inflation Risks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE