コンテンツにスキップする

イエレン氏、米金融当局は平均的なインフレ率の目標採用の見通し

イエレン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は5日、連邦準備制度が金融政策枠組みの見直し作業を恐らく9月までに完了し、平均的なインフレ率を目標とする手法を採用する可能性があるとの見方を示した。

  コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所主催のオンラインイベントで講演したもので、イエレン氏は米金融当局について、「過去のインフレ率の動向の如何(いかん)を問わず常に2%を目指すと言う代わりに、インフレ率が長期的に平均2%程度となることを望むと示唆すると予想される」と語った。イベントでは日本銀行の黒田東彦総裁も講演した。

必要ならあらゆる手段、政策協調で独立性揺らがず-黒田日銀総裁

  イエレン氏はその上で、このような発表が行われれば、長期にわたって低金利を維持する米金融当局のコミットメントについての信頼感を市場に与え、経済活動を促進してインフレ率の押し上げにつながるだろうと指摘した。

原題:Yellen Says Fed Will Likely Adopt Average Inflation Targeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE