コンテンツにスキップする

HSBC、トレーダーら賞与削減免れない恐れ-上期好調でも原資縮小

  • 上期に賞与原資は6億ドル縮小、通年で3分の1減少のペース
  • 原資縮小はコスト削減に寄与、巨額の貸倒損失を埋め合わせ

英銀HSBCホールディングスのトレーダーや投資銀バンカーは、今年上期に際立つ業績を収めた。それでも増加する不良債権の衝撃を和らげるため、ボーナス(賞与)原資の削減を免れない可能性がある。

  最新の届け出によれば、HSBCが上期に計上した賞与原資は前年比で6億ドル(約633億円)縮小した。通年で同様のペースの縮小が続く場合、賞与原資は2019年の34億ドルと比べて3分の1程度減少することになる。HSBCの広報担当者はコメントを避けた。

  HSBCは賞与カットもあり上期のグループ営業経費を4%削減できたものの、通期の貸倒損失は130億ドルに達する可能性があるとみている。新型コロナウイルス感染症(COVID19)で経済が落ち込む中で、英監督当局からは賞与を抑制するよう圧力を受けている。

英HSBC、上期利益が半減-貸倒損失は通期で130億ドルも (1)

  法人向け助言業務や債券トレーディングを含む投資銀行事業が入るグローバル・バンキング・アンド・マーケッツ(GBM)部門は、同行全体の賞与原資のうち最大のシェアを握る部門の一つだ。投資銀行事業の大半を擁する英子会社HSBC銀行の届け出によれば、GBMの上期の経費は減少したが、主な要因は賞与の削減だった。

原題:HSBC’s Traders Shored Up The Bank, But Their Bonus Pot Shrinks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE