コンテンツにスキップする

J&J、米政府とワクチン候補1億回分供給で合意-国内で大規模生産

ヘルスケア製品大手の米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は、開発中の新型コロナウイルス感染症(COVID19)のワクチン候補を1億回分供給することで米国政府と合意した。米政府はワクチン確保のために製薬会社と相次ぎ供給契約を交わしている。

  5日発表の資料によると、J&Jはヤンセン部門が開発するワクチン候補について米国内での大規模生産と1億回分の供給で合意した。米厚生省の生物医学先端研究開発局(BARDA)が今回の合意内容に対して10億ドル(約1050億円)を超える拠出を約束しているという。政府は今後の合意に基づき、追加で2億回分を購入する可能性もある。

原題:Johnson & Johnson Forges Vaccine Pact With U.S. Government(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE