コンテンツにスキップする

トルコ・リラがオフショア市場でひっ迫、複数の外銀は4日決済できず

複数の国際的な銀行が4日、トルコの銀行を相手方としたトルコ・リラのポジションを決済することができなかった。オフショア市場でのリラの流動性を制限する政策の結果だと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  オフショアの投資家がリラを借り入れるコストが一時1050%も急騰したため、外国銀行はリラの支払いを履行できなかった。部外秘の情報だとして関係者は匿名を条件に語った。

Overnight rate jumps after currency intervention

  トルコ当局は2018年8月以来、リラの無秩序な下落を防ぐため流動性を抑制する措置を取っている。4日と同じような決済不能は以前にも起こり、トルコ当局は一時的に国内銀行がシティグループとUBSグループ、BNPパリバと取引することを禁じた

  関係者によれば、今回については当局が罰則を科す可能性は低い。トルコの銀行監督当局はコメントを控えた。

  今回のリラひっ迫は、トルコ国営銀行による先週の大規模な介入の結果だった。国営銀行による大量のドル売りの決済が祝日明けの4日に始まり、リラが不足しオフショア市場での翌日物借入金利は1年5カ月ぶり高水準に跳ね上がった。

  当局はリラ売りを防ぐために外国人投資家が国内銀行からリラを借り入れることを禁止しており、トルコ中央銀行からの資金供給も利用できない。このためリラが必要な際は、供給が限定的なオフショア市場で借り入れるしかない。

  リラは今年に入りドルに対して15%余り下落。5日は節目の1ドル=7リラを割り込んだ。

原題:
Global Banks Failed to Close Lira Trades When Liquidity Dried Up(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE