コンテンツにスキップする

コメルツ銀行、通期黒字を断念-ワイヤーカード破綻で引当金増加

  • 4-6月期の貸倒引当金は2013年以来の高水準
  • オンライン決済のワイヤーカードは6月に破産手続き申請

ドイツのコメルツ銀行は通期の黒字目標を断念した。経営破綻したオンライン決済会社ワイヤーカードに関連する損失で、不良債権処理の費用が大幅に増加するためだ。

  5日の発表資料によると、4-6月(第2四半期)の貸倒引当金は2013年以来の高水準である4億6900万ユーロ(約590億円)。通期では最大15億ユーロを計上するとの見通しを示した。従来は14億ユーロを見込んでいた。

  今回の見通し修正は1件の事例が引き起こしたと、同行は四半期決算書で説明。事情に詳しい関係者が匿名を条件に語ったところによれば、それはワイヤーカードへのエクスポージャーだという。ワイヤーカードは6月に破産手続きを申請した。

  この結果、コメルツ銀は通期で赤字となる公算が大きくなった。ただ、今回の利益見通し下方修正前から、アナリストらは今年の損益が3億ユーロ前後の赤字になると予想していた。

20年第2四半期

(実績)

20年第2四半期

(予想)

19年第2四半期

(実績)

収入22.7億ユーロ22.6億ユーロ21.3億ユーロ
貸倒引当金4.69億ユーロ5億ユーロ1.78億ユーロ
営業利益2.05億ユーロ1.51億ユーロ3.09億ユーロ
純利益2.20億ユーロ9400万ユーロ2.79億ユーロ
関連記事
コメルツ銀、サーベラスの反対押し切りフェッター氏を会長に指名

原題:Commerzbank Cuts Outlook as Wirecard Adds to Pandemic Pain (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE