コンテンツにスキップする

米政権が民主党に新たな提案へ、経済対策巡り-大統領首席補佐官

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

新型コロナウイルスで打撃を受けた米経済を支えるための包括的経済対策案を巡り、トランプ政権と共和党は4日、米議会で協議を行った。協議終了後、メドウズ大統領首席補佐官は経済対策案を巡る民主党との交渉で政権側が新たな提案を行うことを明らかにした。

  メドウズ氏はムニューシン財務長官が「幾つかの提案を行う用意があり、これらの提案が歓迎されることを望むが、合意には程遠い」と説明した。

  メドウズ氏はこの後に行われる民主党との交渉が前進し、トランプ大統領が行動せずに済むことを望むと語った。ムニューシン長官は、「民主党が真剣に交渉に取り組むなら、速やかに合意し得る」とし、民主党は共和党に譲歩すべき時だと強調した。

  一方、共和党のマコネル上院院内総務は記者団に対し、経済対策案の一部に問題があっても支持する用意があると語った。ただ、民主党が復活させようとしている週600ドル(約6万3000円)の失業給付上乗せについては、多くの共和党議員が賛成しないだろうと指摘した。

原題:Mnuchin to Make New Proposals in Virus Aid Talks Today: Meadows(抜粋)

McConnell Says He’s Prepared to Back an Imperfect Virus Aid Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE