コンテンツにスキップする

8月4日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎米国市況:株が続伸、追加経済対策の行方注視-金は2000ドル台

  4日の米株式相場は小幅続伸。新型コロナウイルス危機に対応する米追加経済対策の協議が続き、投資家はその行方を見守った。米国債は反発。5年債利回りが過去最低を更新した。

  • 米国株は小幅続伸、追加経済対策巡る協議が焦点
  • 米10年債利回り0.51%、5年債利回りは過去最低更新
  • ドル失速、為替ボラティリティー指数は5月以来の高さ
  • NY原油先物は3日続伸、2週ぶり高値-レバノンの爆発で
  • 金スポット、2000ドルを突破-逃避需要続く

  S&P500種株価指数は前日終値をはさんでもみ合ったが、プラス圏を確保して終了。原油高を背景にエネルギー銘柄が上昇をけん引した。金融株は軟調。保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は4-6月(第2四半期)の純損益が79億ドルの赤字となったことを材料に売られた。

  S&P500種は前日比0.4%高の3306.51。ダウ工業株30種平均は164.07ドル(0.6%)高の26828.47ドル。ナスダック総合指数は0.4%上昇。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し0.51%。

  S&P500種はコロナ前につけた過去最高値まで3%足らずという水準にあり、米経済の行方を大きく左右する追加経済対策協議を株式投資家は注意深く見守っている。ただ、共和党と民主党の間に残る溝は依然として大きい。マイク・パイル氏が率いるブラックロック・インベストメント・インスティチュートのストラテジストは「米株には財政の刺激が薄れるリスクがあるとみている」と語った。

  外国為替市場では、米国で追加経済対策を巡る協議が続く中、ドルが失速。JPモルガン・グローバルFXボラティリティー指数は5月以来の高水準に達した。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。ドルは対円では0.2%安の1ドル=105円72銭。ユーロは対ドルで0.4%高の1ユーロ=1.1803ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は3日続伸。約2週間ぶりの高値となった。レバノンの主要港で爆発があり、首都ベイルートを揺るがせたため、中東地域が一段と不安定になるとの懸念が強まった。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物9月限は69セント(1.7%)高の1バレル=41.70ドル。ロンドンICEの北海ブレント原油10月限は28セント高の44.43ドル。

  金スポット相場は節目の1オンス=2000ドルを突破し、最高値を更新した。高まる経済的および地政学的なリスクを背景に安全資産への需要が続いた。ニューヨーク時間午後2時22分現在、2008.55ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限も最高値を記録し、1.8%高の2021ドルちょうどで終えた。

原題:U.S. Stocks Grind Higher With Focus on Stimulus: Markets Wrap(抜粋)

Treasuries Bull Flatten, Vol Picks Up; 10-Year Yields Eye 0.50%(抜粋)

Dollar Rally Stalls With FX Volatility at May High: Inside G-10(抜粋)

Oil Jumps as Lebanon Explosion Sparks Fears Over Instability(抜粋)

Spot Gold Smashes Through $2,000 With Haven Seekers Piling In(抜粋)

◎欧州市況:株が小幅安、決算嫌気し上げ失う-ドイツ債が上昇

  4日の欧州株は小幅安。朝方には一時上げていた場面もあった。企業決算が投資家の失望を誘い、ヘルスケアや食品・飲料などのディフェンシブ銘柄が売られた。

  ストックス欧州600指数は0.1%安。業種別ではヘルスケアの下げが目立った。ドイツの医薬品・化学複合企業バイエルは2.4%安。新型コロナウイルスの影響を受け、業績見通しを引き下げたことが嫌気された。

  コムディレクト銀行のストラテジスト、アンドレアス・リプコウ氏は、「株式相場の明らかなトレンドを一段と見つけにくくなっている」と述べ、「材料となる話題の変動やそれに伴うリバランスが単純に大き過ぎる」と指摘した。

  欧州債市場は薄商いだったが、償還期限の長い周辺国債を中心に、ユーロ圏国債が上昇した。英国債も上昇。10年債利回りは過去最低をつけた。

  イタリア債とドイツ債のイールドスプレッドは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小して150bp。

  ドイツ債は米国債に連れて上昇。中核国債のパフォーマンスは総じて準中核国債を下回った。

  英国債の利回り曲線はブルフラット化。償還期限の短い国債はほぼ変わらず。イングランド銀行(英中央銀行)は6日に金融政策委員会(MPC)の政策判断を発表する。

  ドイツ10年債利回りは3bp下げてマイナス0.55%。フランス10年債利回りは3bp低下してマイナス0.24%。イタリア10年債利回りは6bp下げて0.95%

原題:European Stocks Edge Lower on Disappointing Earnings Reports(抜粋)

Spain’s 30-Year Yield Falls Most Since May; End-of-Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE