コンテンツにスキップする

ベイルート大規模爆発で死傷者多数、トランプ氏「攻撃の可能性」

更新日時
  • 爆発性の高い物質が原因と当局説明、事故か攻撃かは明言せず
  • イスラエルは関与を否定、地政学的懸念で原油価格上昇

レバノンの首都ベイルートの港で4日、大規模な爆発があった。死傷者は現地病院の収容力を超える規模に上っている。衝撃は大きく、ベイルート全域で建物の窓ガラスが吹き飛び、爆発音はキプロスでも聞こえた。当局は爆発が港の極めて爆発性の高い物質によって引き起こされたと説明したが、事故だったのか何らかの攻撃だったのかは今のところ発表していない。

  死傷者数は増え続けており、ハッサン公衆衛生相によると、現地時間午後11時(日本時間5日午前5時)ごろの時点で死者67人、負傷者約3600人となっている。

  トランプ米大統領は今回の爆発について、米軍としては「攻撃」による可能性があると考えているとホワイトハウスでの記者会見で述べた。

レバノンの爆発は爆弾による攻撃の可能性-トランプ氏が言及

Large Explosion In Lebanon's Capital

上空から消火活動を行うヘリコプター(4日、ベイルート)

  現地の映像によると、炎のようなものが見えた後に閃光(せんこう)が続き、大きな爆発が起きてベイルート港一帯を巨大な煙が包み込んだ。電力会社や政府機関など周辺地域の建物が大きく損壊し、数マイル離れた場所でも被害があった。

  ファフミ内務・自治相は「暫定的な情報は、少し前に押収・保管されていた爆発性が高い物質が原因だったことを示している」と現地テレビに語った。

  爆発で中東地域の地政学的な不安定性が増したとの見方から、原油価格は上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物9月限は1.7%上昇した。

  爆発後、ベイルートの病院の外には徒歩やバイクで助けを求める人々が殺到。ある病院は負傷者400人を収容したと説明。他の病院は対応能力の限界に達したとして献血を呼び掛けている。

  ディアブ首相は爆発を「甚大な国難」と表現し、爆発の原因となった物質の倉庫は2014年からあったと説明。「2750トンもの硝酸アンモニウムが過去6年間も倉庫のコンテナに保管されていたのは許されない」とし、「それが誰であろうと責任ある者に最も厳しい罰を与える」と当局との会合で述べた。

  ポンペオ米国務長官は犠牲者に哀悼の意を表明し、「この悲劇からレバノンの人々が立ち直るのを支援する用意はいつでもできている」との声明を発表した。

Large Explosion In Lebanon's Capital

大規模な爆発を受けて倒壊した建物の付近で消火活動に当たる消防士ら(4日、ベイルート)

写真家:ハサン・シャバン/ブルームバーグ

  ベイルートとその近郊には、多くの大使館や非政府組織(NGO)のほか、省庁や各政党本部の建物がある。現場からは爆発から数時間後も黒煙が立ち上っている。

  レバノンは最悪の金融・経済危機に見舞われている。3日には外相が、同国は利害対立で「破綻国家」に転落する恐れがあると警告しつつ辞任した。

  一方、イスラエルは爆発への関与を直ちに否定した。

Large Explosion In Lebanon's Capital

大規模な爆発後、倒壊した建物の周囲に集まる住民ら(4日、ベイルート)

写真家:ハサン・シャバン/ブルームバーグ

原題:Huge Explosion Rocks Beirut, With Dozens Dead and Hundreds HurtDeadly Beirut Port Explosion Rocks a Nation Already in DespairMassive Blast at Beirut Port Injures Thousands in Capital (4)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE