コンテンツにスキップする

コダック株急伸でインサイダー取引調査を、SECにウォーレン氏要請

  • 7月27日のコダック株の取引調査を-ウォーレン議員が書簡
  • コダックは政府からの融資受け、医薬品向けの原材料を生産へ
エリザベス・ウォーレン上院議員

エリザベス・ウォーレン上院議員

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

エリザベス・ウォーレン上院議員

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米イーストマン・コダックが先週、政府から7億6500万ドル(約800億円)の融資を受け、ジェネリック医薬品分野に進出すると発表した際に同社の株価が急騰したことについて、インサイダー取引や情報開示の違反があった可能性を調査するようエリザベス・ウォーレン上院議員(民主、マサチューセッツ州)が米証券取引委員会(SEC)に求めた。

  ウォーレン氏は4日付の書簡でSECに対して、7月28日のコダック発表前の取引状況を調査するよう求めた。7月27日の時点でコダック株の出来高は急増し、株価は約20%値上がりした。先週末までに同社株は500%を超える大幅な上げを記録した。

コダック株、2日続けて猛烈な上昇-医薬品への事業シフトを好感

  ウォーレン氏は同書簡で、「トランプ政権が下した重要決定に関連し、異常なトレーディング活動があったのはこれに限ったことではない」と指摘した。

  コダックの広報担当者は、同社はあらゆる調査に協力を惜しまないとコメント。SECのジュディー・バーンズ報道官はコメントを控えた。

原題:Warren Seeks SEC Insider Trading Probe After Kodak Surges (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE