コンテンツにスキップする

HSBC、中国でウェルスプランナーを3000人採用へ-今後4年で

  • 緊張高まる中、利益押し上げを狙い中国でプレゼンスを高める
  • 最初の100人は広州や上海で既に勤務を開始している

HSBCホールディングスは、中国でウェルスマネジメント事業の人員を大幅に拡大する計画だ。中国政府と西側諸国の政治的な緊張が強まる中で、HSBCは低迷する利益を押し上げるため中国でのプレゼンスを高める。

  HSBCは3日発表した1-6月(上期)決算に関連して、中国での採用計画を明らかにした。4年以内に中国で2000-3000人のウェルスプランナーの採用を目指す。このうち最初の100人は広州や上海で既に勤務を始めているという。

  同行は収入の半分以上、利益の大半をアジア地域で稼いでいる。ノエル・クイン最高経営責任者(CEO)は3日の発表文で「米中間の現在の緊張は必然的にHSBCのような組織に厳しい環境をもたらす」と述べた上で、「しかしながら、東西の経済の橋渡しとなれる銀行は強く必要とされており、当行はその役割を十分に果たせる」と続けた。

原題:HSBC to Hire 3,000 Wealth Planners in China Amid Tension (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE