コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資のグラブ、韓国PE会社から2億ドル調達へ-関係者

東南アジアの配車サービス最大手グラブ・ホールディングスは、韓国のプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社STICインベストメンツから2億ドル(約212億円)を調達する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  部外秘だとして関係者が匿名を条件に語ったところでは、STICはこの地域への投資拡大を目指しており、傘下ファンドの1つから約1億ドルを投じ、残りは共同投資家から集めるという。グラブとSTICの担当者はいずれもコメントを控えた。

  シンガポールに本拠を置くグラブは、東南アジアで最も資金が潤沢なテクノロジースタートアップ企業の1社で、ソフトバンクグループからの約30億ドルを含め、これまでに100億ドル余りを調達している。CBインサイツによると、同社の企業価値は143億ドルと評価されている。

MUFG:グラブに780億円出資、次世代金融サービスを加速へ

原題:SoftBank-Backed Grab Snags $200 Million From Private Equity Firm(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE