コンテンツにスキップする
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg
cojp

ボーイング737MAXの改修案リスト、米連邦航空局が提示

  • 45日間の意見公募期間-運航再開許可は早くても10月の公算
  • 事故関連のシステムの具体的な改修に加え、広範な変更求める方針
A Boeing Co. 737 max aircraft performs a flying display on the second day of the Farnborough International Airshow 2016 in Farnborough, U.K., on Tuesday, July 12, 2016.
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

連邦航空局(FAA)は3日、2回の墜落事故で運航停止となっているボーイング737MAXについて多くの改修項目の提案が盛り込まれたリストを提示した。事故後にFAAが出した一連の要件では最も広範なものの一つで、パブリックコメント(意見公募)期間を設定した。

  FAAは墜落事故に関連するシステムの具体的な改修に加え、信頼性を高めるためにコンピューター上の広範な変更を求める方針だ。発表を受け、ボーイングの株価は一時3.5%上昇した。

  今回の提案は1年4カ月にわたる運航停止や一連の調査報告書、議会公聴会を経て航空当局がこうした改修で安全な運航再開は可能だと考えていることを示すものだ。FAAは7月2日に試験飛行を完了している。

  FAAは提案に添付された概略報告で、「ボーイングが提案した737MAXの設計変更、乗組員の手順、整備の手順によって、機体関連の安全性の問題が事実上、緩和されると暫定的に判断した」と説明した。

  ボーイングは「FAAや世界の他の当局と緊密に協力し、サービスの安全な復旧に向け着実に前進し続けている」と電子メールでコメント。「多くの仕事が残っているが、これは認証プロセスにおける重要な節目だ」とした。

  意見公募期間は45日間で、これは同機の運航再開が許可されるのは早くても10月になる可能性が高いことを意味する。パイロットの再訓練や運航を停止していた機体の整備で、実際の運航再開までにさらに数週間または数カ月かかる見通し。

原題:Boeing Given Long List of Proposed Fixes for 737 Max Return (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE