コンテンツにスキップする

【欧州市況】株は大幅高、経済統計で楽観広がる-ドイツ債変わらず

3日の欧州株は上昇。ユーロ圏の製造業が成長を取り戻しつつあるとの楽観に加え、米国の米供給管理協会(ISM)製造業総合景況指数が上昇したことも買い材料となった。

  ストックス欧州600指数は2.1%高。自動車やメディア、建設銘柄が買いを集めた。一方、銀行株は安い。HSBCホールディングスは2.9%下落。同行の1-6月(上期)の税引き前利益は50%以上減少し56億ドルと、市場予想を下回った。

  ISMが発表した7月の製造業総合景況指数は、2019年3月以来の高水準を記録した。ユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)によると、製造業は1年半ぶりに拡大と縮小の境目を示す50を突破した。

  TFSデリバティブスの株式ストラテジスト、ステファーヌ・エコロ氏は「景気が来年に立ち直り、その後も回復を続け、さらに企業決算も大幅に改善すると考えるのであれば、特に欧州連合(EU)市場は魅力的に見える」と指摘した。

European equities get a boost from positive macro data

  欧州債はドイツ、イタリア債がほぼ変わらずで取引を終えた。一時はユーロ圏PMIや米ISMの統計が市場予想を上回ったことを手掛かりに下げた。

  イタリア債とドイツ債のイールドスプレッドは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小して153bp。英国債は幅広い年限で小幅高となった。

  ドイツ10年債利回りはマイナス0.52%で変わらず。フランス10年債利回りは1bp下げてマイナス0.20%。イタリア10年債利回りは1bp低下の1.01%。

原題:Europe Stocks Rise on Manufacturing Growth After Last Week’s Dip(抜粋)

Bunds, Italian Bonds Little Changed: End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE