コンテンツにスキップする

コメルツ銀、サーベラスの反対押し切りフェッター氏を会長に指名

ドイツのコメルツ銀行は3日、監査役会の新会長にハンスイェルク・フェッター氏を指名した。同行2位の大株主である米投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントの強い反対を押し切っての指名となった。

  ドイツの州立銀行トップだったフェッター氏の選出は、今年6月からコメルツ銀に経営陣刷新と戦略見直しを迫ったサーベラスにとって敗北となる。ブルームバーグはこれより先、サーベラスが監査役会に書簡を送り、フェッター氏の指名に反対を表明していたと報じた。

コメルツ銀の監査役会会長候補、サーベラスが「深刻な懸念」と反対

  サーベラスは、新会長の有力候補としてフェッター氏を推す決定については相談を受けておらず、別の2人を候補として提案していたことを書簡の中で示唆した。

  フェッター氏が監査役会会長に就任するには、裁判所が同氏の指名を承認する必要がある。

Hans-Joerg Vetter

ハンスイェルク・フェッター氏

原題:Commerzbank Names Vetter as Chairman Over Cerberus Objections(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE