コンテンツにスキップする
Photographer: Brittany Sowacke
cojp

NY原油、40ドル割れうかがう展開-OPECプラス減産縮小が下押し

A worker waits to connect a drill bit on Endeavor Energy Resources LP's Big Dog Drilling Rig 22 in the Permian basin outside of Midland, Texas, U.S., on Friday, Dec. 12, 2014. Of all the booming U.S. oil regions set soaring by a drilling renaissance in shale rock, the Permian and Bakken basins are among the most vulnerable to oil prices that settled at $57.81 a barrel Dec. 12. With enough crude by some counts to exceed the reserves of Saudi Arabia, they’re also the most critical to the future of the U.S. shale boom.
Photographer: Brittany Sowacke

ニューヨーク原油先物相場は、アジア時間3日昼の取引で下落し、1バレル=40ドル割れをうかがう展開。

  新型コロナウイルス感染拡大をなお多くの国が制圧できない中で、石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」が8月から予定通り減産縮小に動き、下押し圧力となっている。

  ポンペオ米国務長官は週末、国家安全保障上のリスクがあると見なされる中国企業のソフトウエアを「幅広く」対象とする措置の発動を示唆し、米中間の緊張が高まった。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)9月限はシンガポール時間午前11時30分(日本時間午後0時30分) 時点で、0.6%安の1バレル=40.03ドルで取引された。

Crude futures have been caught in a holding pattern amid demand woes

原題:Oil Dips Near $40 With OPEC+ Starting to Unwind Output Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE