コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資のオヨ、日本法人社長に山本氏-田野崎氏が副社長

ソフトバンクグループが出資するホテル運営のOYO(オヨ)の日本法人は3日、幹部の山本竜馬氏が新しく社長に、田野崎亮太氏が副社長になる人事を発表した。

  これまでオヨのホテル事業で、日本の責任者を務めていたプラスン・チョードリー氏は代表を辞任する。日本では7月31日付でマンション賃貸ビジネスとホテル事業を統合し、オヨ・ジャパンを設立した。

  新型コロナウイルスの世界的な感染拡大でオヨの業況も厳しくなっており、6月末までに国内8カ所ある地方拠点のうち、5カ所を閉鎖したことが明らかになっていた。

関連記事:ソフトバンクG出資のオヨ、札幌など国内5拠点を閉鎖-東京も縮小へ  

Masayoshi Son's Big Bet On Oyo Hotel Has Some Real Problems

Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE