コンテンツにスキップする

米ウィン・リゾーツ、横浜オフィスを閉鎖-長期的には日本になお関心

  • 日本では統合型リゾート(IR)事業者選定に遅れ
  • ラスベガス・サンズなどは日本でのカジノプロジェクトを断念

米ウィン・リゾーツは、日本でカジノを含む統合型リゾート(IR)の事業者選定が遅れているのを受け、横浜オフィスを閉鎖した。ただ、日本でのIRプロジェクトについてはなお関心があるとした。

  ウィンは2日の発表資料で、新型コロナウイルスの「パンデミック(世界的大流行)がIR開発にかつてないようなマイナス影響を及ぼしており、ウィンなどのリゾート会社はパンデミック後の市場に合致するよう事業をどのように展開するか検討中だ」と説明。「長期的には日本のIR市場に引き続き関心があり、状況を注意深く見守る」とした。

  ウィンは数年前から日本でのカジノ事業を目指していた。IR整備法は2018年に成立したが、まだ1つも建設されていない。

関連記事

ラスベガス・サンズ、日本でのカジノプロジェクトを断念

安倍首相:IRは観光先進国の実現後押し、感染症対応など準備進める

横浜市が山下ふ頭へのIR誘致を正式表明-自治体間競争激化へ

カジノ整備法が成立、全国最大3カ所を認定へ-誘致合戦本格化

原題:Wynn Closes Yokohama Office, Remains Keen on Japan Long Term(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE