コンテンツにスキップする
Subscriber Only

中国の財新製造業PMI、7月は2011年以来の高水準-景気回復に勢い

  • 財新製造業PMIは52.8-6月の51.2から上昇、予想上回る
  • 製造業は改善傾向も雇用と外需低迷には引き続き注意必要-財新智庫

中国の製造業活動を測る民間指数は7月に上昇、2011年1月以来の高い水準となった。景気回復の勢いが増していることを示唆した。

  3日発表された財新製造業購買担当者指数(PMI)は52.8。6月の51.2から上昇、予想中央値の51.1を上回った。国家統計局が先週末に発表した7月の製造業PMIは51.1と前月からやや加速しており、政府の指数と整合的だった。

中国の製造業PMI、7月は上昇-景気回復の勢い継続

Factory Rebound Continues

  財新智庫の王喆シニアエコノミストは、「一部地域での新型コロナウイルス急拡大でも、コロナ規制が一段と解除され、持ち直しが続く製造業の改善傾向は変わらなかった」と分析しながらも、「雇用と外需の低迷には引き続き注意を要する」と指摘した。

原題:China Factory Activity Highest Since 2011, Private Gauge Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE