コンテンツにスキップする

テスラ 、ベルリン工場の早期完成に向けて順調-州経済相が指摘

  • ブランデンブルク州のシュタインバッハ経済相がウェルトに語った
  • テスラは上海工場より短期間で2021年半ばまでに完成させたい意向

米電気自動車(EV)メーカー、テスラはベルリン近郊の新工場が同社の上海工場より短期間で完成する方向となりそうだ。現地の当局者が明らかにした。

  テスラはグリューンハイデの工場について、完工までに1年弱を要した上海工場より短い工期で2021年半ばまでに完成させたい意向を示している。このプロジェクトは森林破壊や水の利用を巡る住民の批判などが逆風になっているが、大きな影響は出ていない。

  同工場が位置するブランデンブルク州のヨルク・シュタインバッハ経済相はドイツ紙ウェルト日曜版とのインタビューで「テスラの目標は建設期間で上海の『ギガファクトリー3』に勝ることのようだ」とした上で、「私が見る限り、これはかなり成功しそうだ」と述べた。

関連記事

  ドイツがEV販売増を目指す中でテスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は同国内に生産拠点を設け、フォルクスワーゲン(VW)BMWダイムラー傘下のメルセデス・ベンツに挑むことになる。

原題:
Tesla on Track for Swift Berlin Plant Completion, Minister Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE