コンテンツにスキップする
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg
cojp

トランプ陣営が広告支出を中断、新選対本部長の下で戦略見直し

A campaign flag silhouettes attendees waiting in line to enter a rally with U.S. President Trump, not pictured, in Lexington, Kentucky in 2019.
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

2020年米大統領選で再選を目指すトランプ大統領の陣営は先週、ラジオ・テレビの広告支出を中断した。新しい選挙対策本部長を迎えて戦略を見直している。

  アドバタイジング・アナリティクスによると、本選挙まで残り95日に迫った7月31日までの3日間にトランプ陣営が支出した広告費はわずか4700ドル(約50万円)。これに対し民主党候補指名を確実にしているバイデン前副大統領の同期間の広告支出は約600万ドル。

  トランプ陣営は大統領の支持率が低下する中で、約2週間前に選対本部長のブラッド・パースケール氏を更迭し、ビル・ステッピーン氏を後任に起用していた。

  戦略見直しは先にNBCニュースが報じた。

原題:
Trump Campaign Halts Ad Spending While It Reviews Strategy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE