コンテンツにスキップする

マイクロソフト、TikTok米事業買収交渉継続-大統領と協議

更新日時
  • 買収計画を救うためナデラCEOとトランプ大統領が2日に協議した
  • 交渉は数週間で迅速に進み、9月15日までに完了する見通し
GERMANY-COMPANY-STORE-MICROSOFT
Photographer: JOHN MACDOUGALL/AFP
GERMANY-COMPANY-STORE-MICROSOFT
Photographer: JOHN MACDOUGALL/AFP

マイクロソフトは2日、北京字節跳動科技(バイトダンス)が運営する短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業などの買収に向けた交渉の継続を確認した。マイクロソフトの買収計画を救うため、ナデラ最高経営責任者(CEO)がトランプ大統領と2日に協議したという。

  発表資料によれば、交渉は「数週間のうちに」迅速に進み、9月15日までに完了する見通し。トランプ大統領および米政府との関与も継続する。

  買収合意が成立すれば、マイクロソフトはティックトックの米国およびカナダ、ニュージーランド、オーストラリア事業を取得する見込みだ。他の米国の投資家に少数株式の取得を勧める可能性もある。

  トランプ大統領が合意を承認し、ティックトックの禁止を見送ると示唆したかどうかは明示していない。しかし、マイクロソフトは大統領と協議している事実を明らかにしており、承認が近く得られると考える場合のみそのような公式発表を行う可能性が高い。同社は予想される買収価格も開示していない。

  マイクロソフトはセキュリティーとプライバシー、デジタルセーフティー保護の強化に加え、全ての米国人の個人データを確実に米国に移転し、国外サーバーから削除すると約束した。

買収にコミット

  同社は「大統領の懸念に対処する重要性を十分に理解している」とした上で、「完全なセキュリティー審査と米国に適切な経済的利益を提供するという条件の下でティックトック買収にコミットしている」と説明した。

  ポンペオ米国務長官は週末、国家安全保障上のリスクがあると見なされる中国企業のソフトウエアを「幅広く」対象とする措置をトランプ政権が間もなく発表すると述べ、ティックトック以外のアプリも対象となる可能性を示唆した。

  ティックトックにコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:Microsoft Confirms Talks to Buy TikTok’s U.S. OperationMicrosoft Tries To Salvage Deal To Buy TikTok, Appease Trump(抜粋)

(買収合意の承認見通しについて追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE