コンテンツにスキップする
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg
cojp

ビットコインが週末に一時1万2000ドル台、約1年ぶり-その後急落

  • ビットコインは一時19年8月以来の1万2000ドル台に上昇
  • ビットコインはそれから30分後に1万638ドルに下落
Nvidia Corp. GeForce GTX 1070 graphic processing units (GPU) sit stacked inside a 'mining rig' computer, used to mine the Ethereum cryptocurrency, in Budapest, Hungary, on Wednesday, Jan. 31, 2018. Cryptocurrencies are not living up to their comparisons with gold as a store of value, tumbling Monday as an equities sell-off in Asia extended the biggest rout in global stocks in two years.
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

仮想通貨ビットコインは週末の取引で、その有望性とリスクの両方を投資家に思い起こさせた。

  ブルームバーグのデータによると、ビットコインはニューヨーク時間2日午前0時すぎに1万2112ドルと、2019年8月以来の1万2000ドル台に上昇。ただ、それから30分後に1万638ドルに急落した。午前8時48分時点では6.7%安の1万1054ドル。

  ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズのテクニカル・ストラテジスト、ロブ・スライマー氏は、ビットコインが1万-1万500ドルの上値抵抗線を突破し、「テクニカル分析上で新たな上昇トレンドが確認された」と指摘した。

  「短期的に見ると、ビットコインの日々のモメンタム指標は金と同様に買われ過ぎの水準にあるが、非常に短期的な変動の大きい取引を経れば、ビットコインは次の抵抗線の水準である1万3800ドルに向かうトレンドを継続する公算が大きい」と同氏は分析した。

Bitcoin tumbled after reaching the highest level in almost a year

原題:
Bitcoin Surpasses $12,000 Then Tumbles in Wild Weekend Action(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE