コンテンツにスキップする
cojp

独シーメンス系が米バリアン買収で合意、今年最大のヘルスケア案件

ドイツの医療機器大手シーメンス・ヘルシニアーズは、米同業のバリアンメディカルシステムズを現金約164億ドル(約1兆7400億円)で買収することで同社と合意した。今年最大のヘルスケア買収案件となる。

  買収提示額は1株当たり177.50ドルと、7月31日のバリアン株終値に24%上乗せした水準。ヘルシニアーズの2日発表によると、買収資金は借り入れと増資で賄う計画。まず親会社シーメンスからの152億ユーロ(約1兆9000億円)のブリッジローン(つなぎ融資)を受け、年内をめどに新株発行も行う。

  ヘルシニアーズはバリアン買収により、成長が著しいがん治療の分野に本格参入し、大きなシェアを獲得する。ヘルシニアーズは買収完了後の12カ月で1株利益にプラス効果が得られるとの見方を示した。

原題:Siemens Unit to Buy Varian in Year’s Biggest Healthcare Deal (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE