コンテンツにスキップする
cojp

バイトダンスがTikTok米事業全て売却の用意、禁止回避で-関係者

  • 売却案の詳細はこれまでのところ明らかではない
  • マイクロソフトによる買収への米政府の承認を待っているという
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Yuri Gripas/Abaca
トランプ大統領
Photographer: Yuri Gripas/Abaca

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

中国のIT企業「北京字節跳動科技(バイトダンス)」は、同社が運営する短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」がトランプ米政権に禁止される事態を避けるため、ティックトックの米国事業を100%売却する用意がある。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  受け入れ可能な解決策を見いだすため当事者による作業が夜を徹して続けられたが、売却案の詳細はこれまでのところ明らかではない。

  トランプ大統領は7月31日遅く、データ収集を巡る懸念を受けて米国でティックトックを禁止する計画だと述べ、8月1日にも動く可能性を示唆していた。

  この件で公に発言する権限がないことを理由に関係者1人が匿名で語ったところでは、バイトダンスは、米マイクロソフトによる潜在的な買収をトランプ政権が承認するのを待っている状況だという。

マイクロソフトとバイトダンス、TikTok買収交渉を保留-DJ

原題:China’s ByteDance Prepared to Divest 100% of TikTok in U.S. (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE