コンテンツにスキップする

米国務長官、香港立法会選延期を非難-共同宣言と基本法守る意思ない

ポンペオ米国務長官は1日、立法会(議会)選挙を1年間延期する香港政府の決定を非難し、再考を強く求める声明を発表した。

  ポンペオ国務長官は「そのような大幅延期に正当な理由はない。今回の遺憾な行為は、中英共同宣言と基本法(憲法に相当)の下で香港市民と英国に誓った約束を守る意思が中国にないことを裏付けるものだ」と批判した。

  ポンペオ氏はその上で、香港当局は当初予定していた9月6日にできるだけ近い日程で立法会選を実施すべきだと主張した。

原題:U.S. Condemns Postponement of H.K.’s Council Elections: Pompeo(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE