コンテンツにスキップする
Photographer: Akio Kon/Bloomberg
cojp

1-3月GDP年率2.2%減、伸び率変更なし-設備投資は下振れ

更新日時
  • 設備投資は前期比1.7%増、速報値の1.9%増から下方修正
  • 設備投資の下方修正幅そこまで大きくなかった-みずほ総研の川畑氏
Pedestrians cross a road in the Ginza area in Tokyo, Japan, on Saturday, Feb. 15, 2020. Japan's economy likely suffered its biggest contraction since 2014 at the end of last year leaving it in a vulnerable state, as fallout from China's viral outbreak threatens to turn a one-quarter-slump into a recession.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

2020年1-3月期の実質国内総生産(GDP)2次速報の改定値は前期比年率2.2%減と、伸び率は2次速報から変更はなかった。法人企業統計の確報値で設備投資が下振れたことを踏まえ、市場では2.8%減への下方修正が見込まれていた。内閣府が3日発表した。 

  法人企業統計については、新型コロナウイルス感染拡大の影響で回答率が低下し、実態を反映しきれていない可能性があることから6月1日発表分を速報値とし、改めて7月27日に確報値が公表された。速報値の設備投資を反映したGDP2次速報値は1次速報値の3.4%減から上方修正されていた。

キーポイント

  • GDP2次速報の改定値は前期比0.6%減、2次速報値から横ばい(ブルームバーグ調査の予想中央値は0.7%減)
    • 年率換算2.2%減、2次速報値から横ばい(予想2.8%減)
  • 設備投資は1.7%増、2次速報値の1.9%増から下方修正(予想1.0%増)
  • 個人消費は0.8%減、2次速報値から横ばい(予想0.8%減)
設備投資は下振れ

  西村康稔経済再生担当相は3日午後の会見で、設備投資について、「厳しい状況の中でも企業は前向きな投資はしている。特にIT、物流といった新たな日常をつくるところへの投資が底堅く推移しているのは心強い限りだ」と語った。内閣府が7月30日に発表した経済見通しの年央試算では、20年度の実質GDPは4.5%減、21年度は3.4%増のプラス成長が見込まれていることに言及し、「なんとか4月、5月を底に内需主導で回復ができれば、そういった成長の姿を描くことができる」と述べた。

エコノミストの見方

みずほ総合研究所の川畑大地エコノミスト:

  • 設備投資の下方修正幅がそこまで大きくなかったのは、1-3月期の段階ではコロナの影響が設備投資にまで波及していなかったのだろう
  • コロナの影響で商談などが思うようにできず、受注が滞っている業種もあり、設備投資は時差を伴って影響が出てくる。GDPは4-6月、設備投資は7-9月をボトムとみている
  • 4-6月期のGDPのマーケットへの影響は全くないというのは言い過ぎだが、悪いことは分かりきっているため大きな混乱は起きないだろう
  • 営業時間の短縮要請もあり、企業収益がなかなか戻らないことも予想される。6月の指標はかなり戻したとみているが、横ばいもしくはずるずる下がっていく可能性もある
  • 収益が戻らないため雇用も厳しい状況が続き、経済の下押し圧力は続く

野村証券の桑原真樹シニアエコノミスト:

  • 予想よりも落ち込まなかったのは、設備投資の修正幅が思ったよりも大きくなかったところが主因だろう
  • 4-6月が弱くてその後回復という全体のパターンは変わらないと思う。ただ、設備投資が意外と底堅い。機械投資はかなり落ちているが、研究開発やIT関連でコロナに対応して投資を続けないといけない部分があると思う
  • 7-9月以降は拡大だとは思うが、また感染が広がっているので、6月の持ち直しの後に7月、8月は足踏み状態だとみている

詳細(内閣府の説明)

  • 2次速報の時は今回の結果に比べて設備の規模の大きい企業の回答が多かった。回答の偏りを調整して1.9%増という伸びだったが、今回は小さい企業も入ってきた。ただ今回はそれほど大きな調整はなく、結果として2次速報と2次速報改定値はあまり変わらなかった
  • 細かく見ていくと、実質GDPは前期比で0.57%減から0.56%減に、年率は2.24%減から2.22%減に
  • 4-6月期に関して発表方針はまだ全く決まっていない。今回と同様に1次、2次、2次改定と3回発表するかは分からない
関連記事

  

(3段落目に西村再生相のコメントを追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE