コンテンツにスキップする

米政府、サノフィとグラクソに最大21億ドル提供へ-ワクチン開発支援

トランプ米政権は仏サノフィと英グラクソ・スミスクラインに最大21億ドル(約2210億円)を提供し、新型コロナウイルスワクチンの開発を後押しすると同時に供給を確保する。新型コロナワクチンに関する米政権の取り組みとしては、これまでで最大の規模となる。

  両社が31日発表したところによると、今回の取り決めは「ワープ・スピード作戦」の一環で、ワクチン候補の臨床試験や生産を支援する。一方で、開発が成功すれば米国は投与1億回分の供給を確保でき、長期的に5億回分を追加購入できるオプションも付与される。

  両社は今週、英政府とも同様の取り決めで合意。国際機関や欧州連合(EU)とも交渉に入っている。

原題:
U.S. Pledges Up to $2.1 Billion for Sanofi, Glaxo Vaccine (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE