コンテンツにスキップする

キャタピラー、4-6月利益は予想上回る-需要減をコスト削減で補う

鉱業・建設機械で世界最大手の米キャタピラーの4-6月(第2四半期)利益は市場予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で需要が冷え込み売り上げは鈍ったが、コスト削減努力が補った。

  31日の発表によると、4-6月の調整後1株利益は1.03ドル。アナリスト予想は0.65ドルだった。

  キャタピラーの業績は鉱工業活動の指標になると考えられている。同社の一部工場は閉鎖が予想以上に長引き、景気回復が遅々としてしか進んでいない様子が示唆される。

Caterpillar dealers' retail machine sales sank in May amid coronavirus

原題:
Caterpillar Beats Estimates as Cost Cuts Outweigh Lower Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE