コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg
cojp

アップル、次のiPhoneは通常より「数週間遅く」投入へ

  • 例年より遅い10月に発売されることを決算会見で示唆
  • 昨年の新型アイフォーンは9月後半に発売された
An attendee views the Apple Inc. iPhone 11 Pro Max smartphone after an event in Cupertino, California, U.S., on Tuesday, Sept. 10, 2019. Apple unveiled new iPhones with camera enhancements and improved battery life, making incremental tweaks to lure buyers ahead of a more substantial overhaul of its handsets in 2020.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

アップルは次の新型「iPhone(アイフォーン)」を通常より「数週間遅く」投入する計画だ。例年の9月ではなく、10月に発売されることを示唆した。

  ルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)が30日の決算に関する電話会見で明らかにした。昨年の新型アイフォーンは9月後半に発売された。

  ブルームバーグ・ニュースは先に、新型コロナウイルスの感染拡大による混乱で、新型アイフォーンの少なくとも一部は発売が通常より数週間遅れる可能性はあるものの、秋季を過ぎることはなさそうだと計画に詳しい関係者を引用して伝えていた

原題:
Apple to Launch Next IPhones a ‘Few Weeks Later’ Than Usual(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE