コンテンツにスキップする
cojp

アップル 、米国オフィス再開時期を21年早期に先送り-クックCEO

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は30日、米国オフィスの再開時期を先送りすることを明らかにした。

  クックCEOはブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「米国従業員がオフィスに復帰する時期を来年の早い時期に先送りした」と述べ、 「ワクチン開発の成功や治療法の成功」と現地の状況に左右されると説明した。

  同CEOは、オフィス再開プロセスは小売店対応と同様になると述べ、オフィスを再開後もデータ次第で必要に応じて再度閉鎖する「アコーディオン」のようなプロセスになると付け加えた。

関連記事:アップル、再閉鎖店舗の従業員在宅に-年内のオフィス全面再開も困難

原題:
Apple Kicks U.S. Office Return Back to Early 2021, CEO Cook Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE