コンテンツにスキップする

中国共産党総書記、経済情勢なお「厳しい」と警告-改革推進訴え

更新日時
  • 共産党中央政治局、5中総会の10月開催を決定
  • 財政・金融政策はより的を絞るべきだと主張-新華社

中国共産党の習近平総書記(国家主席)は、経済情勢が依然として「複雑かつ非常に厳しい」として、高まるリスクと深まる難局を乗り切るために、内需と経済を刺激する改革の推進へさらに力を入れるよう呼び掛けた。

  経済政策を議論する党中央政治局の会合で、習総書記は内需を主な原動力としつつ外国投資を呼び込み貿易を安定させる「双循環」の成長モデルを加速させるべきだと主張した。国営新華社通信が30日報じた。

Xi Jinping HP

習近平総書記

  中国では今後、経済発展の方向を協議するハイレベルの政治会合が続く。現旧指導部は例年8月初めに、避暑地として有名な北戴河で政策を議論する。新華社によると、党中央政治局は向こう5年間の発展計画や2035年までの長期展望の概略を打ち出すことを目指し、第19期中央委員会第5回総会(5中総会)を10月に開催することも決定した。

  この日の会合で財政・金融政策の全体的なスタンスに変化はなかったもようだが、政策はより的を絞るべきだとあらためて強調。実体経済の資金調達コストを引き下げ、マネーサプライと経済全体のファイナンスについて合理的な伸びを維持することも求めた。

  マッコーリー銀行の中国経済担当責任者、胡偉俊氏(香港在勤)は、「中国当局が新たな世界に対応するため打ち出した新戦略が『双循環』で、平たく言えば『国内市場第一』だ」と指摘。「現時点でどう実行するのかははっきりしないが、中国がサプライチェーンの統制を強め、外国のサプライヤー依存を減らすという考え方だ」と述べた。

原題:Xi Calls for Deeper Reform to Escape ‘Grave’ Economic ConditionsXi Calls for Deeper Reform to Escape ‘Grave’ Economic Conditions(抜粋)

(最終段落に市場関係者のコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE