コンテンツにスキップする

トランプ米大統領、選挙延期を問い掛け-両党議員らが直ちに反対

更新日時
Residents Vote In The First-In-The-Nation New Hampshire Primary
Photographer: Adam Glanzman/Bloomberg
Residents Vote In The First-In-The-Nation New Hampshire Primary
Photographer: Adam Glanzman/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

トランプ米大統領は11月3日に予定されている大統領選挙を、新型コロナウイルス感染のパンデミック(世界的大流行)が落ち着くまで延期を望む考えをにじませた。選挙延期は議会の同意なしには不可能だが、既に議員らは反対の声を上げている。

  トランプ氏は30日のツイートで、「人々が適切かつ確実、そして安全に投票できるようになるまで」、大統領選を延期すべきではないだろうかと問いかけた。郵便投票では不正が起きるとあらためて主張したが、証拠は示さなかった。大統領選を巡る世論調査でトランプ氏は、民主党候補指名を確実にしているバイデン前副大統領に全米と接戦州の両方で水をあけられている。

  トランプ氏は「全米で郵便投票を採用すれば(不在者投票ではない。それはいい)、2020年の選挙は歴史上最も不正確で不正にまみれたものになるだろう」とツイート。「米国にとって大きな恥になる」と延期を希望する理由を説明した。

  トランプ陣営は直ちに釈明に追われた。ホワイトハウスのギドリー報道官は声明で、大統領はパンデミック中の郵送投票の拡大を目指す民主党の取り組みに対して「単に疑問を提起したまでだ」と説明した。

  マコネル共和党上院院内総務はケンタッキー州で現地の記者に対し、選挙日は確定しており、変更はあり得ないと言明。過去において危機的な状況の中でも選挙は実施されてきたと説明した。ペロシ下院議長は選挙日程を決める権限が唯一議会にあると記した合衆国憲法の条文をツイートした。

  連邦選挙を監視する下院委員会の委員長を務めるゾーイ・ロフグレン下院議員(民主、カリフォルニア州)は、トランプ氏のアイデアを真っ向から否定。声明で、「選挙の日程を変更する権限があるのは議会のみだ。いかなる状況下でも、大統領の的外れで場当たり的なパンデミック対応に合わせて日程変更を検討するようなことは断じてない」と言明した。

原題:Trump Floats Delaying the Election But He Lacks Authority (1)(抜粋)

(マコネル上院院内総務の発言を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE