コンテンツにスキップする

タイ、今年の成長率はマイナス8.5%に-新型コロナで観光業など打撃

タイ財務省は30日、2020年の同国成長率はマイナス8.5%との見通しを示した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で観光業や製造業が打撃を被っている。

  同省の国内総生産(GDP)見通しは同国中央銀行の予想(マイナス8.1%)よりも悪い。同省幹部によると、今年の総合インフレ率はマイナス1.3%の見込み。また、今年の輸出は27.8%、輸入は19.5%それぞれ減少する可能性があると説明した。

  

原題:
Thailand Downgrades Outlook With GDP Likely to Contract 8.5%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE