コンテンツにスキップする

英銀ロイズ、4-6月に不良債権引き当て約3300億円-利益吹き飛ぶ

  • 通年では45億-55億ポンドを引き当てる見込み
  • 4-6月の税引き前損益、6億7600万ポンドの赤字

英銀ロイズ・バンキング・グループの4-6月(第2四半期)決算は赤字となった。新型コロナウイルスの流行に伴う不良債権増加に備え、新たに24億ポンド(約3300億円)を引き当て、利益が吹き飛んだ。

  30日の発表によると、新型コロナ対策であるロックダウン(都市封鎖)の影響や政府支援の終了を踏まえ、通年では45億-55億ポンドを引き当てる見込み。

  4-6月期の税引き前損益は6億7600万ポンドの赤字と、アナリスト予想を上回る損失を計上した。

  ロイズを含む欧州の銀行は新型コロナ危機の中で資本を温存するため配当支払いを停止しているが、同行はこの日、取締役会が年末に配当再開について協議すると明らかにした。

原題:Lloyds Profit Wiped Out By 2.4 Billion-Pound Bad Loan Provisions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE