コンテンツにスキップする

エアバス、A350生産縮小-4~6月に手元資金約5400億円減らす

  • A350は月5機の生産を目標-4月時点では6機だった
  • 1-6月の調整後損失、13億1000万ユーロ-売上高は約40%減

欧州の航空機メーカー、エアバスは30日、A350の生産目標を引き下げることを明らかにした。新規の旅客機需要が急減する中で同社は手元資金を4-6月(第2四半期)も44億ユーロ(約5400億円)減らした。

  発表資料によれば、A350は月5機の生産を目標とする。4月時点では月産6機を計画していた。エアバスは新型コロナウイルス関連で9億ユーロの経費を計上。将来的な再編に向けた引き当ては計16億ユーロに達する可能性がある。

 

Demand Plunge

Airbus has logged zero monthly orders on three occasions this year

Source: Airbus

  1-6月(上期)の調整後損失(利払い・税引き・経費前)は13億1000万ユーロ。前年同期は21億9000万ユーロの利益を上げていた。売上高はほぼ40%減った。

relates to エアバス、A350生産縮小-4~6月に手元資金約5400億円減らす

A350の製造

原題:Airbus Cuts Production After Burning Through $5.2 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE