コンテンツにスキップする

福島県郡山市の飲食店で爆発事故、親会社コロワイドの株価が下落

  • 株価は一時前日比6.8%安、14年6月以来6年ぶりの日中安値
  • 事故により1人が死亡、けが人は少なくとも17人ー報道

外食大手のコロワイドは30日、連結子会社レインズインターナショナルのフランチャイズ店舗「しゃぶしゃぶ温野菜 郡山新さくら通り店」(福島県郡山市)で同日午前9時ごろに爆発事故が発生したと発表した。事故の発生を受けてコロワイドの株価は続落している。

Explosion in Fukushima, Japan

爆発した店舗(福島県郡山市)

Photographer: Masahiro Sugimoto/The Yomiuri Shimbun via AP Images

  同社株は午前の取引で、一時前日比6.8%安の1201円と、2014年6月以来6年ぶりの日中安値を付けた。

  同社の発表によると、この店舗は21日から改装工事のために休業中で、事故発生時にも工事が予定されていたとの報告を受けており現在詳細を確認中だとしている。NHKの報道によると、警察と消防の情報として店内で1人が遺体で見つかったほか、少なくとも17人がけがをして病院に搬送されたという。

  郡山消防本部はブルームバーグの午前11時半時点での取材で、人数は調査中で回答できないとコメントしている。

事故報道を受けて株価が下落
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE