コンテンツにスキップする

欧州の銀行、景気低迷の痛みはこれから-もうトレーディングに頼れず

29日に決算を発表した欧州の大手銀行3行は、景気悪化に伴う痛みが今年後半に悪化すると覚悟している。これまではトレーディング業務の好調が打撃を和らげてきたが、もはや期待できない。

  4-6月(第2四半期)は、スペインのサンタンデール銀行が163年の歴史で初の赤字となった。英バークレイズは税引き前利益が77%減少し、クレジットカード事業で損失を計上した。ドイツ銀行は資産運用およびリテール銀行部門が減収となった。

  バークレイズとドイツ銀はトレーディングの好調がこれまで痛みを和らげてきたが、両行の経営幹部らは、そのような恩恵が下期に失われる可能性が高いと警告している。

  ドイツ銀のジェームズ・フォンモルトケ最高財務責任者(CFO)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、トレーディング環境が「通常に戻ると予想している」と発言。「上期は投資銀行の期待を上回るパフォーマンスが、新型コロナウイルス感染拡大の(利益への)影響を基本的に肩代わりした」と説明した。

  バークレイズのジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)もブルームバーグテレビジョンに対し、同行にとっての2大市場である米英を中心に「驚異的な経済の縮小が起きた」と述べ、「異例」のボラティリティーを経験した1-6月の証券部門の業績拡大が、今後は鈍る可能性があると予想した。

ドイツ銀のフォンモルトケ最高財務責任者

出典:ブルームバーグ)

原題:
European Banks Brace For Pain Ahead With End to Trading Boom(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE