コンテンツにスキップする

米GM、4-6月は事業再生後で初の赤字-通期では黒字見込む

  • 1株当たりの赤字は50セント-コンセンサス予想は1.66ドルの赤字
  • 米販売台数は34%減-ピックアップトラックの需要が打撃和らげる

ゼネラル・モーターズ(GM)が29日発表した4-6月(第2四半期)決算は、経営破綻に伴う事業再生後で初の赤字となった。ただ7-12月(下期)に経済の安定が続けば、通期では黒字となり債務の返済を進めるとしている。

  新型コロナウイルス対策として経済が再び封鎖されなければ、GMは通期で利払い・税引き前で40億-50億ドル(約4200億-5250億円)の利益が出ると見込む。

  4-6月の1株当たりの赤字は50セント。コンセンサス予想は1.66ドルの赤字だった。同社にとっての2大市場である米国と中国が新型コロナイウルスの感染拡大に見舞われる中で、見通しほど業績が悪化しなかったことは、財務面での強靱(きょうじん)さを裏付けた。

Better Than Expected

GM's 2Q loss of 50 cents a share beat the consensus $1.66 loss

Source: Bloomberg

  GMによれば、過去3カ月間に現金90億ドルを使ったが、まだ306億ドルの手元資金が残っている。4-6月の販売台数は米国で34%減少。ただ、収益性の高いピックアップトラックの需要が打撃を和らげた。

原題:GM Sees Path to Profit in Second Half After Quarterly Loss(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE