コンテンツにスキップする
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg
cojp

コダック株、2日続けて猛烈な上昇-医薬品への事業シフトを好感

A semi trailer displaying Eastman Kodak Co. signage makes a delivery at the Rochester Silver Works LLC (RSW) facility in Rochester, New York, U.S., on Thursday, March 30, 2017. Rochester Silverworks LLC is a world leader in film recycling and silver chemical manufacturing.
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

米イーストマン・コダックの株価が今週に入り驚異的な勢いで上昇し、時価総額は一時20億ドル(約2100億円)近くに膨らんだ。新型コロナウイルス向けの主力ジェネリック医薬品に利用される原材料の生産に関して、政府から7億6500万ドルの融資を受けると発表したことが好感されている。

  29日の米市場で、コダック株は一時655%上昇。高いボラティリティーのために少なくとも6回、売買が停止された。売買高は1億1000万株と、通常の23倍余り。同社の時価総額はニューヨーク時間午前10時25分時点で19億9000万ドルに増加。24日の取引終了時点では1億ドルを下回っていた。

  コダックは長い歴史を持つ写真用品メーカーだが、近年はデジタルカメラなどフィルムを使用しないカメラの普及により事業が低迷。株価も急落していた。

原題:Kodak Shares Add Another 500% as Drug Shift Keeps Boosting Stock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE