コンテンツにスキップする
cojp

バークレイズCEO、従業員をオフィスに戻す重要性指摘-時期触れず

  • ステーリーCEO、ブルームバーグTVとのインタビューで発言
  • バークレイズ従業員、現在は約4分の3がテレワーク
relates to バークレイズCEO、従業員をオフィスに戻す重要性指摘-時期触れず

英銀バークレイズはいずれは職場を以前の状態に戻す計画だ。

  ジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)は29日にブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、同社では現在約6万人が在宅で勤務していると指摘。従業員の健康と安全が最優先されると強調しつつ、「物理的に集まる環境に従業員を戻すことは重要だ」と語った。具体的なスケジュールには言及しなかった。

  バークレイズは7月、英国と米国、インドのオフィスに一部の従業員を復帰させ、それ以外の従業員には少なくとも9月末まで在宅勤務を継続するよう指示した。ステーリーCEOによると、現時点で全体のおよそ4分の1がオフィスで勤務している。

  ステーリーCEOは「英国では実際にオフィスで働いている従業員が2万人いる。支店やコールセンターで勤務している」と述べた。

  同CEOは以前、社会的な距離を維持する必要性からエレベーターに一度に乗れる人数が2人に制限されるようなら、数千人が勤務するような本部オフィスは「過去の遺物」になるかもしれないと述べていた。

金融市場の最近のボラティリティー、投資銀行部門の市場シェア、従業員のオフィス復帰について話すバークレイズのジェス・ステーリーCEO

(出典:ブルームバーグ)

関連記事:英バークレイズ、トレーディング収入急増-英銀行事業の逆風を相殺

原題:Barclays Wants Eventual Return for Staff Working From Home (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE